ネット依存症 育児

ネット依存症で睡眠障害になったらかなりヤバイ!直ちに治療!

ネット依存症で睡眠障害になったらかなりヤバイ!直ちに治療!

ネット依存症になると多くの方が経験する事になる症状の一つとして、睡眠障害をあげていますが、どうしてネット依存症になると睡眠障害を発症してしまうのかご存知でしょうか?その経緯などについてを少しずつ学んでみましょう。



ネット依存症は徐々に進行していく病気で、少しずつ進行する過程のなかでさまざまな諸症状を引き起こしていくと言われています。その中でも睡眠障害は深刻な症状の一つであると言えるのではないでしょうか。



なぜネット依存症は睡眠障害を起こすのか?

例えばネットに接続している時間に楽しい事が増えたとしましょう。すると楽しい事を持続しようとするため、徐々に深夜までネットに接続していくようになっていきます。

 

 

すると当然眠る時間が遅くなり、段々と明け方に眠るようになってしまうのです。

 

 

すると当然朝眠るので起きるのが辛くなっていきます。でもネットに接続する方が優先されていくので、徐々に眠る時間が短くなっていきます。

 

 

さらにひどくなってしまうと眠る時間がもったいないと感じるようになって酷い人は24時間連続でネットに接続しているという状態になったりするのです。

 

 

もちろん全てのネット依存症の患者が24時間型睡眠障害に陥るわけではありませんが、現実的に眠れなくなってしまったという人がいるのも事実なのです。

 

 

結果的に日常生活に支障が出たり、性格が凶暴化してしまうなどの症状が出てしまい、ネット依存が精神障害へと発展してしまう事も少なくないのも事実なのです。

 

 

 

Facebook Twitter Google+ Hatena Evernote Mixi Blogger Y! Bookmarks Addthis
スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME