ネット依存症 治療

ネット依存症の診断はある意味死刑宣告に近いかも?早く治そう!

ネット依存症の診断はある意味死刑宣告に近いかも?早く治そう!

ネット依存症であるかどうかの診断についてですが、実は病院でも診断の基準となるものはチェックシートやスクリーニングテストだと言われています。



事実日本でネット依存症の専門医として活動している病院でも、ネット依存症かどうかについての診断基準としてスクリーニングテストを行い、その点数によって深刻かどうかを診断している状態なのです。



なので当サイトでもネット依存症であるかどうかについては、チェックシートを利用していただき、チェック項目が多いかどうかによって、自分もしくは家族などがネット依存症であるかどうかを簡単に診断していただく事をお勧めいたします。



というのも、今の段階でネット依存症というのは取り沙汰されるようになってまだ日が浅いため、治療法や診断基準についても確立されているわけではないのです。そのためどうしてもチェックシートやスクリーニングテストが中心となるわけです。



ネット依存症の診断についての不安

当然ですがネット依存症の診断をする時には、スクリーニングテストやチェックシートが中心となっていますので、裏をかく事は非常に簡単な事だと言えます。

 

 

なのでできるだけ正直に正確にチェックができるように、本人だけでなく家族や友人もチェックをする方がいいのではないかと言えます。

 

 

ちなみに現在世界中で利用されているテストですが、これはアメリカのキンベリー・ヤング博士の考案したテストが利用されています。もちろん当サイトでも似たような項目となっていますのでご了承ください。

 

 

当サイトのチェックシートについては、簡単なチェックシートとなっておりますので、より本格的にスクリーニングテストを行いたい場合には、こちらの医療センターサイトで受けてみてください。

 

 

 

Facebook Twitter Google+ Hatena Evernote Mixi Blogger Y! Bookmarks Addthis
スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME