ネット依存症 原因

ネット依存症の原因なんてほんの些細な事から!だから危険なのです

ネット依存症の原因なんてほんの些細な事から!だから危険なのです

ネット依存症という病気は誰もが発症する可能性がある現代病の一つですが、わかっていそうで意外とわかっていない原因についてを学んでみましょう。もしかしたらすでに自分もネット依存症になっているかもしれませんよ!



調べてみたら、意外と「あ、これ当てはまる」といった事があるものなので、自分を含めて周囲にこんな人がいないかどうかをチェックしてみてもいいかもしれませんね。



ネット依存症の原因はこんな事

携帯やスマートフォンやゲーム・パソコンなどを使って、長時間ネットに接続している事が多い。これが一番のネット依存症の始まりだと言われています。必要も無いのにネットに接続している事は、ネット依存になりやすくなると言われています。

 

 

最近ではゲームなどが人気ですよね。オンラインゲームに接続している時間が長いと、それだけネット依存症になってしまいやすくなるので、できれば接続する時間を決めて遊ぶようにした方がいいと言われています。

 

 

特にオンラインゲームは現実とは全く違った世界で、全く違った自分で遊ぶ事ができますから、誰もがヒーローになったりする事ができるので、ついつい現実世界よりも素晴らしい世界のような感じがしてしまうのかもしれませんね。

 

 

子供がゲームにはまっていたりしないようにするためには、親が子供がどのくらいネットをしているのかを把握する必要がありますが、中には子供がネットにどのくらい接続しているのかを把握していない親もたくさんいます。これが子供のインターネット依存の原因だと言われているのです。

 

 

現実から逃れたいと思う人もネット依存症になりやすいと考えられています。現実逃避をしても何も解決できません。周囲とのコミュニケーションをしっかりとできない事も、ネット依存症の原因となると考えられます。まずは親子の絆をしっかりと結ぶ事が必要です。

 

 

主婦に多いといわれているSNSやブログに魅入られてしまう人も多いですが、これも家族や夫婦間のコミュニケーション不足や協力を感じられないために起こるとも言えるので、普段から話をするとか労うなどのコミュニケーションをこまめに取る事が必要でしょう。

 

 

このようにネット依存症の原因は、数多く存在しているのですが、人によっては同じ条件ではネット依存にならない場合も多いといえます。これは恐らく家庭ごとの普段からの生活や、その人の性格などにもよると思うので、一概にこれをしたからネット依存になるとも言えないのも事実です。

 

 

ですがどんな些細な事であっても、現実逃避ができる楽しいものがあれば、誰でも快楽を得る事ができるというのは事実なので、心の隙を作らない事が何よりも重要な事かもしれません。

 

 

ただ子供さんの場合は、ネット依存症を防ぐ事は可能です。何か夢中になれるものを作るとか、家族で楽しく過ごすイベントなどを作るなど、親の努力も必要であると言えるかもしれません。

 

 

 

 

Facebook Twitter Google+ Hatena Evernote Mixi Blogger Y! Bookmarks Addthis
スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME