ネット依存症 精神障害

ネット依存症は精神障害をも引き起こす!もう戻れない?戻れる?

ネット依存症は精神障害をも引き起こす!もう戻れない?戻れる?

ネット依存症という言葉を聞くと「何が悪いの?」と思う方もいるでしょうが、ネット依存症だけでなく依存症は全て怖いのです。



その理由はネット依存症などの依存症は、進行すると精神障害や精神病を併発するからです。というよりもネット依存症によって精神障害や精神病などを誘発すると言ってもいいかもしれません。



例えばネット依存症が原因でうつ病を発症してしまったり、不眠症になってしまったりする方がとても多く、それが原因で自分が嫌になりネットをやめようと思うけどやっぱりやめられないという事を繰り返して「死にたくなる」といった症状が出てきたりしてしまうのです。



正常な精神状態ならば考えもしなかった事を考えるようになったりする事もわかっていて、結果的にネット依存症だけではなく精神障害や精神病を引き起こしてしまったり、うつ病を引き起こしてしまったりするようになるのです。これが実は一番怖い事なのです。



精神的に追い込まれるとどうなるのか?

精神的に追い込まれてしまうと、人間はそれから逃れようとしたり、自暴自棄になって周囲を巻き込んでしまったりする事が多々あるのです。

 

 

最初はやめたいけどやめられないのは自分が悪いと考えるようですが、やがて周囲を恨むようになってしまったりするのです。

 

 

またネット依存症になってしまうと、周囲とのコミュニケーションが難しくなってしまい、引きこもりなどになってしまう事がわかっていますが、これが原因で他人との直接のコミュニケーションができなくなってしまう人も多くなっています。

 

 

実はコミュニケーションをとらずに生きている事によって、精神障害を引き起こしてしまう事もあるのだそうで、そうならないためにも、適度にネットを切断するなどをして、健全な精神を保てるようにするべきなのです。

 

 

 

 

Facebook Twitter Google+ Hatena Evernote Mixi Blogger Y! Bookmarks Addthis
スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME