ネット依存症とは

ネット依存症とは何かを知る事が、治療の第一歩となるのです!

ネット依存症とは何かを知る事が、治療の第一歩となるのです!

ネット依存症という言葉や病気があるという事はもうすでにご存知の事だと思うのですが、ではネット依存症とはいったいどのような病気なのでしょうか。



発症してしまったらどんな事が起こると言われているのかなど、ここではネット依存症とはどんなものかについてを少しずつ勉強し、理解していくようにしてみましょう。



そしてもしもネット依存症かも?と思ったら、すぐに専門医などへ相談をしてみるといいでしょう。治療は早い方がいいに決まっています!そのためにもまずは病気への理解が必要なのです。



ネット依存症とはどんな病気?

ネット依存症とはインターネットに接続していないとイライラしたり不安になったりしてしまう症状が出ると言われている病気の事で、とにかくネットにつながっていないと、自分が取り残されているような感覚に陥ってしまったりする病気で、発症している事を自覚する事ができないため、知らず知らずに悪化してしまう病気です。

 

 

依存症というだけあって、ネットをしていないと強い不安や恐怖などを感じるようになるため、ネットが無いと知らず知らずに凶暴になってしまったりする事もあるのだそうで、この事から性格が豹変したなどと周囲が感じるようになるのです。

 

 

例えるのなら薬物依存症やアルコール依存症、ニコチン中毒などと同じような症状と同じですね。イライラしてしまったり禁断症状などが出てくるようになったりして、悪い事だとは思っているけども、やめる事ができなくなってしまうところも似ていますね。

 

 

ところがネット依存症というのは、アルコール依存症や薬物依存症やニコチン中毒とは全く違ったものでもあります。それは他の3つの依存症が、原因となる物質であるアルコールやニコチンや薬物が体内に入るために起きるもので、ネット依存症とは原因となる薬物が体内に無いのに起こるという点です。

 

 

しかも恐ろしい事に進行していくと、ネットの世界と現実との境界がわからなくなってしまって、幻覚や幻聴などの症状が出たり、他のうつ病や精神病などを併発してしまう事があるため、社会を震撼させるような事件を引き起こしてしまったり、家庭崩壊や育児放棄などの問題まで引き起こしてしまうようになるのです。

 

 

治療もまだ確実な方法が無いのと、専門的に治療できる病院が少ないので、完全に治療ができるとは限らないのも深刻な事だと言えるので、予防や周囲の気づきが必要不可欠になる病気でもあるのです。

 

 

ネット依存症とは社会的にも脅威となりうる病気の一つになりつつある恐ろしい現代病の一つなのです。

 

 

 

Facebook Twitter Google+ Hatena Evernote Mixi Blogger Y! Bookmarks Addthis
スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME